神奈川県立相模原高等学校のタイトル
「学校案内・校長挨拶」へジャンプ。「alt」キー+「Q」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「学校生活」へジャンプ。「alt」キー+「W」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「お知らせ」へジャンプ。「alt」キー+「E」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「アクセス」へジャンプ。「alt」キー+「R」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「トップページ」へジャンプ。「alt」キー+「T」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「学校生活」へジャンプ。「alt」キー+「Z」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「部活動」へジャンプ。「alt」キー+「X」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「新入生歓迎球技大会」へジャンプ。「alt」キー+「C」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「相翼祭体育部門」へジャンプ。「alt」キー+「V」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「相翼祭文化部門」へジャンプ。「alt」キー+「B」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「修学旅行」へジャンプ。「alt」キー+「N」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「百人一首大会」へジャンプ。「alt」キー+「M」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「持久走」へジャンプ。「alt」キー+「J」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「高大連携」へジャンプ。「alt」キー+「K」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「行事」へジャンプ。「alt」キー+「L」キーを押し、「Enter」キーを押してください。

トップ >> 学校生活 >>百人一首大会
百人一首大会

          《平成28年度 百人一首大会》
    −歓声とため息−

 〜自主性と協調性を養うとともに日本の伝統文化に親しむ〜
 
 平成29年1月23日(月)6・7時限目に本校体育館において第1学年の百人一首大会が開催されました。
 1月30日(月)には第2学年の百人一首大会が開催されます。

 この大会は、日本の伝統文化である「百人一首」を実施することにより、新春の雰囲気を味わい、新たな気持ちで新学期を迎えるとともに、友人との親睦を深め、古典の学習への興味を湧かせる(1・2年同じ)ことを目的として開催しており、第1学年と第2学年の生徒が主体的に企画・運営・進行を務める1月の恒例行事となっております。
 約2時間にわたって全3回の熱戦が繰り広げられます。


     《書道部が書いた百人一首大会応援のポスター(左)    戦いが始まりました(右)》

□1回戦・2回戦□
 生徒は40の班(1つの班はA〜G組から1人ずつ集まった計7名で構成されます)に分かれて競技を行いました。普段は交流が少ない他のクラスの友人たちとの中で、緊張のせいか初めは皆おとなしく、淡々と札を取っていましたが、中盤戦にさしかかる頃には真剣な表情で身を乗り出して激しく札を取り合う姿が見られました。

               《体育館全面に百人一首の輪の花が・・・》



         《札の読み手の教師の中には衣装を変え、生徒以上に百人一首大会を楽しんでいる教師も》



                      《札を獲得するのに夢中に・・・!》


□3回戦□
 3回戦はクラス対抗の「デカルタ」で行われました。
 「デカルタ」は各クラスから3名ずつ出場し、体育館一面に広がった特大の札を獲得する競技です。
 初めから皆活発に動き回り、特大の札に向かって全力疾走する姿が見られました。
 代表者以外の生徒は大きなかけ声で応援していました。
 

                       《デカルタの熱き戦い・・・》


                     《皆、自分たちのクラスを必死に応援》

 表彰式では井上晋哉校長より取ったカルタの多い=得点の高い者とクラスが表彰されました。

 《個人の部の第一位は、札を119枚獲得した関口遊大さん。井上晋哉校長より賞状と記念の品を受け取る(左)  団体の部の優勝クラスはG組(右》


                 《団体の部の優勝クラスのG組の皆さん。喜んでいます。》


 ※平成30年度の百人一首大会の実施日は未定です。