神奈川県立相模原高等学校のタイトル
「校長挨拶」へジャンプ。「alt」キー+「Q」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「学校生活」へジャンプ。「alt」キー+「W」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「お知らせ」へジャンプ。「alt」キー+「E」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「アクセス」へジャンプ。「alt」キー+「R」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「トップページ」へジャンプ。「alt」キー+「T」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「お知らせ」へジャンプ。「alt」キー+「A」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「サマースクール」へジャンプ。「alt」キー+「S」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「オープンスクール」へジャンプ。「alt」キー+「D」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「相翼祭体育部門」へジャンプ。「alt」キー+「F」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「相翼祭文化部門」へジャンプ。「alt」キー+「G」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「資料」へジャンプ。「alt」キー+「H」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「PTA」へジャンプ。「alt」キー+「J」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「入試」へジャンプ。「alt」キー+「K」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「図書館」へジャンプ。「alt」キー+「L」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「記録」へジャンプ。「alt」キー+「O」キーを押し、「Enter」キーを押してください。




      
  『KSC53』
(県相スタートキャンプ)
~ 人間力の育成 ~


                        〔「県立愛川ふれあいの村」〕               
 平成28年4月18日(月)~20日(水)、県立愛川ふれあいの村にて、第53期生のKSC53(県相スタートキャンプ)が行われました。

 県相は平成22年度から学力向上進学重点校の指定を受け、より一層の飛躍を期す為に何が必要であるかを考えてきました。そこで何よりも重視すべきものとして得られた結論が「人間力の育成」でした。
 県相スタートキャンプは、この人間力の重要さを生徒と教員が一体となって確認する場として平成23年度から始まりました。 
 「県相生としての出発点」、また「人間力を育む原点」として、このキャンプが行われます。

 愛川ふれあいの村は、自然が多く、緑に囲まれた施設です。天気も快晴で、気持ちのよいスタートが切れました。

            〔「県立愛川ふれあいの村」の自然豊かな美しい敷地内〕 

 <プログラム>
○1日目
 入村式、校長講話、野外炊事、特別講座①、ディベート説明、野外炊事(やきそば)、クラス活動がおこなわれました。

 校長先生からは、「KSCの実施目的、県相が生徒に期待すること、そして最後に県相生としての適切な誇りと品位を持ち、県相生活を楽しんでください。」・・・と結ばれました。(校長の詳しい話は⇒)

 特別講座①は『夢を掴め』~すべては君の本気からはじまる~の表題で行われました。講師は駿台文庫株式会社代表取締役社長 小島茂先生です。
 内容は、企業・大学が求める力とは、ここまで来てしまった!!大学入試、高校3年間をどのように過ごしたらよいのか、高校での勉強の仕方・・・等、ためになる話をしていただきました。
          

 〔井上晋哉校長による校長講話(左) 小島茂先生による特別講座①『夢を掴め』~すべては君の本気からはじまる~(右)〕  




               〔美味しい焼きそばが出来上がりました(野外炊事)〕 




         〔かわせみ棟(食堂)での夕風景。おいしい食事に生徒は食欲は旺盛!!!・・・〕
○2日目
 各クラスごとに宿舎でディベート実演をしました。
 ディベートは、生徒たちがこれから生きていくうえで考えていることや思っていることを、正確に説得力をもって伝える(話す)テクニック・能力を養うというものです。
 いろいろなディベートの論題で生徒たちは、真剣に白熱して意見を戦わせていました。
 いろいろな興味深い、考えさせる意見がでました。

                  〔ディベート実演〕 


 ディベート実演のあと野外炊事を行いました。野外炊事ではみんなで協力し合ってカレーを作りました。美味しく出来上がったようです。
  以下は、野外炊事の生徒の様子です。 初日より、だいぶリラックスして笑顔も増えました。



     〔野外炊事(カレー)   お店で食べるカレーとは違った懐かしい味の美味しいカレーができました〕  

 野外炊事の後、特別講座②「元気UPで学力UP!!」がありました。
 特別講座②では東海大学体育学部教授の小澤治夫先生から日々の生活管理が元気UPで学力UPにつながる、そして基本的生活習慣である・・・1.朝食は毎日欠かさずしっかり食べる。2.排便をだいたい1日1回、朝する。3.遅刻はしない。4.学校で眠くならない。5.体をしっかり動かす(体育・部活)。6.毎日、勉強(練習)は2時間。7.風呂に入る。8.睡眠は8時間はしっかりとる。・・・等の大切さを教わりました。

         〔東海大学体育学部教授の小澤治夫先生による特別講座②「元気UPで学力UP!!」〕 

 特別講座のあと第二ファイヤー場で、全員でキャンプファイヤーをしました。

○3日目
 清掃・片づけ、レクリエーションハイキング(愛川ふれあいの村→宮ヶ瀬ダム→南山登山→下山)、そして退村式が行われました。

 3日間にわたるKSC53も退村式をもって、無事終了しました。

 生徒たちにKSC53の感想を聞きました。
 全員から、もっと長く宿泊研修をしたい!、あと1週間くらい宿泊研修したい!!との意見が聞かれ、とても好評でした。

 不安や緊張の中でスタートした県相生活だったと思いますが、KSC53のキャンプを通じて高校生活、勉強への取り組みを学び、新しい仲間との間の距離をグンと縮める変化・効果があったのではないでしょうか。

 1年生の皆さん、いよいよ県相生としてスタートです。
 わたしたちと一緒に、より良き、思い出深い県相生活を、絶対作りましょう!。