平成28年10月
神奈川県立相模原高等学校
 
平成29年度からの教育課程及び授業時程の変更について(お知らせ)

平成28年4月1日付け県教委よりの「相模原高等学校のミッション」(詳しくは⇒) にあるように、本校は「新たな学力向上進学重点校エントリー校」並びに「理数教育推進校」の指定を受けました。これを契機にこれまでの取組みを更に発展・深化させるべく、平成29年度入学生より新しい教育課程(詳しくは⇒)を編成し実施することといたしました。このことに伴い、授業時間と同時に部活動時間の充実も図り、平成29年度より授業時程を次の通り変更します。

    現行         
SHR 8:40         
1校時 8:50- 9:40     
2校時 9:50-10:40     
3校時 10:50-11:40     
4校時 11:50-12:40     
    昼休み        
5校時 13:25-14:15     
6校時 14:25-15:15     
7校時 15:25-16:15(月・火)
               

   平成29年度より
SHR 8:25
1校時 8:35- 9:25
2校時 9:35-10:25 
3校時 10:35-11:25
4校時 11:35-12:25 
    昼休み
5校時 13:10-14:00
6校時 14:10-15:00
7校時 15:10-16:00(月・火・木)
(木曜日は平成29年度入学生に適用)


平成29年度入学生よりの教育課程の特色について
「第一志望実現へのさらなる支援、文武両道のさらなる深化」


○1、2年次のほぼ全ての科目を必修科目に

早い段階から選択制を導入している高校が多い中、本校では必修科目を重視し、基礎学力の向上を図っています。そしてそれが、センター試験や国公立大学入試への道を拓くものとなります。

○1、2年次を週33時間へ

1、2年次を週32時間から週33時間にし、週当たりの授業数を1時間増やしました。その結果、1日6時間授業の日が2日、7時間授業の日が3日となります。更に、高いレベルでの「文武両道・切磋琢磨」教育の観点から、授業時間と同時に部活動時間の充実も図り、始業時間を15分繰り上げることといたしました。

○1年次に理科「基礎」3科目を配置し、2年次で理科2科目を履修可能へ

1年次に「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」の理科の基礎3科目を配置し、 2年次には「化学」を必修科目に、「地理B」「物理」「生物」を必修選択科目にしました。これにより、理系への進学を希望する生徒は、必修選択で「物理」または「生物」を選択することで、2年次に理科2科目を履修することができ、入試で理科2科目を必要とする多くの難関国公立大学や難関私立大学に対して、余裕を持って準備することができます。

○3年T類の必修選択科目を5単位に

3年T類の必修選択科目を4単位から5単位にしました。文系への進学を希望する生徒だけでなく、看護・医療系への進学を希望する生徒にとっても充実した学習機会を提供できます。

○3年次自由選択科目の拡充

3年次の自由選択については、U類の最大単位数を4単位から6単位に拡大し、 科目そのものも従来よりも多彩な設置としました。これにより生徒個々の進路希望に十分対応できるものとなります。

○総合的な学習の時間を1年次に1単位、2年時に2単位設置

「総合的な学習の時間」については、1年次に1単位、2年次に2単位とし、これまで行ってきたキャリア教育を維持・発展させつつ、理数教育推進校として「科学的探究活動」を実践する場とします。1年次にその手法を学び、2年次に小グループで探究活動に取り組んでいきます。