神奈川県立相模原高等学校のタイトル
「校長挨拶」へジャンプ。「alt」キー+「Q」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「学校生活」へジャンプ。「alt」キー+「W」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「お知らせ」へジャンプ。「alt」キー+「E」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「アクセス」へジャンプ。「alt」キー+「R」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「トップページ」へジャンプ。「alt」キー+「T」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
学校案内
「校長挨拶」へジャンプ。「alt」キー+「A」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「校訓」へジャンプ。「alt」キー+「S」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「教育方針」へジャンプ。「alt」キー+「D」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「教育の特色」へジャンプ。「alt」キー+「F」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「カリキュラム」へジャンプ。「alt」キー+「G」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「沿革」へジャンプ。「alt」キー+「H」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「校章・校歌」へジャンプ。「alt」キー+「J」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「進路」へジャンプ。「alt」キー+「K」キーを押し、「Enter」キーを押してください。

トップ >> 学校案内 (校長挨拶) >> 校長の話
学校長の話
 
「校長の話 《9》」 相翼祭に寄せて


 相翼祭体育部門が「礼節・信義・根性」の融合の中で、上級生のリーダーシップと下級生のフォロアーシップとの協働の結果、グラウンドに集うすべての仲間にすばらしい感動を与え、最高の思い出のひとつとなり無事終了しました。

 今度は文化部門の幕開けです。体育部門は誕生月による3学年縦割りの団を構成し運営されましたが、文化部門は各クラスや部活動等の単位で運営され、横のつながりに重点が置かれた組織で運営されます。文化部門では校訓はもとよりKENSO 8つのCが総動員され、中でも「Create」力が結果として体育部門時とは異なる滲み出る「シブさ」を発揮し、多くの来場者を魅了することになると期待しています。

 さてご来場の皆様、相模原高校にお越しいただきまして誠にありがとうございます。SSC文化祭企画メンバーが中心となり生徒たちが、お互い知恵を出し合い、考え、より興味深いものを創りあげるため工夫に工夫を凝らし、協力して準備を進めてまいりました。その中ですべての生徒が、各自がいかに自分の考えを伝え、また、相手の考えを理解し受け入れるかを調整する中で、多くのことを学び成長もしたことでしょう。より多くの方々をお迎えし、楽しんでいただくことで、生徒たちの達成感や充実感、感動がいっそう湧きあがり、それが、次の創造へのエネルギーとなる、そんな相翼祭文化部門になればと願っております。

 ご来場された方々には普段とは異なった生徒たちの様子をご覧いただき、相翼祭文化部門を大いに楽しんでいただければ幸いです。
        
 平成26年(2014年)9月    神奈川県立相模原高等学校 校長 井上晋哉