神奈川県立相模原高等学校のタイトル
「校長挨拶」へジャンプ。「alt」キー+「Q」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「学校生活」へジャンプ。「alt」キー+「W」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「お知らせ」へジャンプ。「alt」キー+「E」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「アクセス」へジャンプ。「alt」キー+「R」キーを押し、「Enter」キーを押してください。 「トップページ」へジャンプ。「alt」キー+「T」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
学校案内
「校長挨拶」へジャンプ。「alt」キー+「A」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「校訓」へジャンプ。「alt」キー+「S」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「教育方針」へジャンプ。「alt」キー+「D」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「教育の特色」へジャンプ。「alt」キー+「F」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「カリキュラム」へジャンプ。「alt」キー+「G」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「沿革」へジャンプ。「alt」キー+「H」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「校章・校歌」へジャンプ。「alt」キー+「J」キーを押し、「Enter」キーを押してください。
「進路」へジャンプ。「alt」キー+「K」キーを押し、「Enter」キーを押してください。

トップ >> 学校案内 (校長挨拶) >> 校長の話
学校長の話
 
「校長の話 《2》」 平成29年度入学式 校長あいさつ



野にも山にも美しい春を感じるこのよき日に、神奈川県立相模原高等学校第54回入学式を迎えますことは、新入生、保護者の皆様はもちろんのこと、在校生ならびに本校職員にとりましても大きな喜びでございます。

ただいま276名の生徒が第54期生として入学されました。新入生の皆さん、保護者の皆様、ご入学おめでとうございます。皆さんの入学を全職員ならびに在校生一同、心よりお祝い申し上げます。

また、本日はご来賓としてPTA会長 山口光幸様、同窓会副会長 佐藤剛生様、学校評議員の皆様、地域の皆様を代表されて神奈川県議会議員 佐々木正行様 をはじめPTA本部役員の皆様や同窓会役員の皆様など多数の方にご多用の中、ご臨席いただき、まことにありがとうございます。厚く御礼申し上げます。

保護者の皆様、お子様のご入学、まことにおめでとうございます。これから、ご家庭と学校とが連携協力しあって生徒一人ひとりの成長を見守り、支えてまいりたいと考えております。どうぞご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

さて、新入生の皆さん、今日から相模原高校での生活が始まります。今どんな気持ちでいるのでしょうか? 不安もあるかと思いますが、入学にあたり、何か心に秘めていることがあるのではないでしょうか。人間誰しも、新しいスタートを切るときには何か心に期すものがあるはずです。3年後に卒業するとき、今思っていることが達成できていることを願っています。

伝統ある相模原高校には、多くの卒業生があり、地元相模原を中心として広く社会で活躍する人材を輩出してまいりました。その活躍の原点は、本校で過ごした3年間で多くのことを体験し、社会で活躍できる力を身につけていったからだと思います。皆さんにも、本校での3年間でこれからの社会を担う人材として求められている力を養って卒業してもらいたいと思っています。

1つ目は
◇チャレンジする力
 失敗を恐れず、様々な活動にチャレンジしていく力を身につけてほしいということです。最初の1歩を踏み出さなければ何も始まりません。失敗から学ぶことは大変多くあります。是非、中学生ではできなかった新たなことにチャレンジしてみてください。(Challenge)

2つ目は
◇自ら考える力
 自分で物事を考え、判断し、表現する能力です。これからの社会では課題を見つけ、その解決方法を提案することができる力を持った人材が求められています。その提案が採用されるかどうかは責任ある人(会社であるなら上司など)が決めますが、提案がないことには何も始まらないのです。皆さんも高校生活の中で、様々な提案をしてもらえればと思います。それが実現するかどうかは別物です。是非、いろいろなことを考えてください。
 (Create,Change)


そして3つ目は
◇チーム力
 様々な人とともに、一つの目標に向けて協力することができる力です。
そのためには
 人の話をしっかり聞くことができ、自分の考えていることを伝えることのできる力が必要です。これがコミュニケーション能力です。(Communicate)
 また、相手の立場に立って物事を考えることができる力が必要です。
 これをしたら、相手はどう感じるのだろうかを気にして行動できるかということです。これが協調性です。(Consider)
 そして、社会のルールや人との約束をきちんと守ることができる力です。
 自分勝手な理屈で、ルールを破ったり、約束を破ることは信用をなくします。これが責任です。
 (Commit)
この3つの力が身につくよう意識して学校生活を送ってほしいと思います。(Check,Continne)

私たち職員一同、皆さんの持つ限りない可能性に大きく期待しています。新入生の皆さんが、この相模原高等学校で、有意義な3年間を過ごされることを願って、入学にあたっての言葉といたします。

   平成29年4月6日
                            神奈川県立相模原高等学校 校長 坂本和彦