県相日記

2017-9-17
〜文化祭に、卒業生がやってきた!〜


 文化祭の当番で巡回をしていると、いたるところで卒業生に会いました。


 昨年卒業した者、ずっと前に卒業した者・・・。



                《多くの卒業生が、県相の文化祭を訪れました》


 巡回していると卒業生の方から、「マエストロ(先生)!」と話しかけてくるので、とても嬉しい!


 県相の卒業生に「久しぶりに見る県相はどうですか」と聞くと、「県相での高校生活が懐かしい」と卒業生は夢見るように語るのです。



                    《多くのお客様でにぎわう県相文化祭》



                   《どこもかしこもお客様で一杯です。卒業生も・・・一杯!。》


 ところで文化祭1日目に前校長である井上晋哉先生が県相を訪れてくださいました。
 帰り際、どこかのクラスの模擬店(飲食関係)で購入したであろう大量のあんこ付きのだんごを手にしていましたが、・・・あの多くのだんごは一体どうなったのだろうか・・・。


 それにしても卒業生が、県相での高校時代に満足していることを知って、教師の私としては、非常に嬉しかったです。
   

  (ホームページ担当 マエストロ関口)

2017-9-16
〜文化祭に、他校生がやってきた!〜


 校門で受付をしていた時、他校生が近くのバス停の場所を聞いてきました。


 バス停の場所を教えながら「県相の文化祭はどうでしたか」と聞いたらら、「装飾がすごい」といっていました。

                    《文化祭に多くの他校生が訪れました》


 たしかに、県相の装飾は凄い!ですネ。
 県相はグルッと天井まで装飾をします。その装飾も非常に細かい・・・。



                     《県相の文化祭を見る他校生》


 なぜここまで装飾するのか・・・というと、県相生の気質には、
 「最後までやり抜く根性がある」「いっぺんやりだしたら最後まで諦めない」「目標が高い」・・・などの気質があるように思います。


  (ホームページ担当 マエストロ関口)


2017-9-16
〜県相生はとても美的センスがあるのです〜


 県相生には、美術大学に行けるような美的センスのある生徒がいます。


9月16日から17日まで、文化祭が行われました。
その中で教室等を飾っている装飾や壁に貼ってあるポスターは素晴らしい出来だと思うのです。




                      《ポスターはどれも・・・芸術品》







             《室内装飾も素晴らしい!、壁一面、天井まで装飾をします》



              《これはアートだ!・・・黒板にチョークで描いたチョーク絵》


  (ホームページ担当 マエストロ関口)

2017-8-30
〜文化祭の準備〜


 前期期末テストが8月28日(月)より行われました。
 試験監督で1年の教室を訪れると、各クラスの教室の後ろにダンボールが山積みになっていました。

                   《教室の後ろに大量のダンボールが・・・》




             《廊下のロッカーの上に作りかけの作品が・・・ポケットモンスター?》



             《ある教室ではダンボールの壁が・・・いったい何に使うのか・・・?》


 そう、9月16日(土)と17日(日)に相翼祭文化部門が行われます(一般公開ですので、是非大勢の人たちに来校して欲しいです)。


 県相生は大量にダンボールを仕入れてきて、とてつもないものを作ります。


 下の写真は、昨年の新入生歓迎球技大会の時のダンボールでできたスタジオジブリ関連の作品です(自分たちのクラスを応援するために作られます)。
 本当によくできていて、麻布大学附属高等学校で毎年8月に行われる学校説明会「公私合同説明会」に出品してはと思ったくらいです。
 きっと来場者は県相生の豊かな創作センスに驚かされたことと思います。



 さて今年はどんなものが・・・!。


  (ホームページ担当 マエストロ関口)


2017-7-16
〜試食会〜


 7月16日(日)の午前と午後に相翼祭文化部門に飲食店を出店する団体により試食会が、調理室で行われました。
 これはSSC模擬店企画により行われたものです。


 平成29年9月16日(土)と17日(日)に「平成29年度 相翼祭《文化部門》」が開かれます。
 県相では1・2年生が、イベント・アトラクション・劇・発表を、3年生が模擬店(飲食関係)を担当します。


3年生が行う模擬店(飲食関係)は来校されたお客様に料理をふるまうため、その料理は衛生的に作られているか、味はどうか、等を事前に審査する必要があり、そのためにこの試食会が行われました。


 生徒は皆、真剣に調理をしていました。


                    《黒板に貼られた調理する前の注意事項》

                          《正確に計量・・・》

                       《生徒のみなさんは必死です》


                《美味しそうなものが、次々と出来上がっていきます》


  (ホームページ担当 マエストロ関口)


2017-7-4
〜凄い音量です〜


 7月4日(火)の午後5時過ぎ、急に校舎が揺れるほどの大音量が校舎内外に響き渡りました。
 何事かと音のするB棟の方に行ってみると、中庭で応援団部、吹奏楽部、野球部の部員たちが応援練習をしていました。


 第99回全国高等学校野球選手権神奈川大会の本校の初戦が、7月15日(土)午前11時より“いせはらサンシャイン・スタジアム”で行われます。


 野球部は平成27年には、春季県大会で準優勝を果たし、関東大会に初めて出場しました。


 指導しているのは赴任して6年目の佐相眞澄先生です。


 それにしても凄い音量です。
 試合が楽しみです。


                         《凄い音量!です》


  (ホームページ担当 マエストロ関口)



2017-7-3
〜このごろ感じたことですが〜


 このごろ感じるのですが、授業が以前より前に進みます。 多くのことがやれるのです。
授業時間が多くあるせいでしょうか。  


 本校では授業時間を増やす努力をしています。


 ところで7月3日(月)の7校時に3年生のアルバム写真用の集合写真の撮影が、中庭でありました。
 久しぶりに見た3年生は立派で、すごく大人っぽく見えました。



              《久しぶりに見た3年生は立派で、すごく大人っぽく見えました。》


  (ホームページ担当 マエストロ関口)


2017-6-6
〜新商品「とり皮」〜


 6月6日(火)の昼時、B棟1階を通った時、ミニスポットという弁当を売る売店が開いていました。

                    《いつも売店の前は生徒で大混雑》


 中をのぞいたら見慣れぬものが置いてありました。新商品かと店の人に聞いたら、やはり「とり皮」という新商品でした。


 新商品はとり皮を揚げ、それに秘伝の甘辛タレをまぶしたもの。
 生徒に大人気とのこと。

                 《これが新商品の“とり皮” 一袋100円也》


 それではと一つ買って食べてみました。
 濃厚なコクのある甘辛せんべいを食べているような感じです・・・大人の飲み物といっしょに食べると相性もばっちり!では・・・と感じました。
 美味しい!!!


 見る間に「とり皮」は、売り切れとなってしまいました。



 《新しく売り出した唐揚げを五目御飯で包んだおむすび(左)  抹茶ときな粉味のあげパン(右)    どちらも美味しそう!》


 ところで、以前売っていたカレー味の唐揚げがないのでどうしてかと聞くと、カレー粉が値上がりし注文販売になってしまったとのこと。
 そういえば最近、色んなものが値上がりしていますネ。


 それにしても「とり皮」はクセなる味だな〜!!!


  (ホームページ担当 マエストロ関口)



2017-5-31
〜テスト勉強〜


 5月30日(火)から6月2日(金)まで、前期中間テストがありました。


 新入生である1年生にとって初めての県相での中間テストでした。


 試験期間中でも県相生は、最終下校時間まで学校のいたるところでテスト勉強しています。


 県相生の偉いところ・凄いところは、その集中力です。
 どんな所でも、どんな環境でも集中して勉強ができるのです。


 例えば攻め机のコーナーで後ろに人が何人も行き来しようが平気・へっちゃらで勉強しています。


 そのような環境の中で自分は・・・ウ〜ン・・・、ダメです。


《図書館の書庫を改造した自習室(左)    職員会議等で普段使う会議室を自習室として生徒に提供(右)    県相は生徒の快適な学習環境の提供を心掛けています》





                 《どの教室でもテスト勉強する生徒の姿が・・・》


  (ホームページ担当 マエストロ関口)


2017-5-23
〜どら焼きを作る〜


 5月23日の3校時に家庭科の調理実習の授業がありました。
 クラスは1年G組です。
 内容は、「どら焼きを作る(小麦粉 膨化剤の特徴を知る)」です。



《調理実習をする前に、プレゼンテーションソフトを使い作り方のコツや作業をする上での注意などの説明がありました》

              《生徒たちは、調理する前に手をよく洗い、清潔を心がけました》


 家庭科の先生より「どら焼きの作り方」・「どら焼きを作る時のコツ」の説明がありました。


 それは、●焼く時、皮の材料は高めの位置から1点に流す。●皮の表面にプチプチと小さな穴があいてきたら裏返しのサイン。●フライパンが熱くなりすぎると焦げてしまうので、火からおろし濡れフキンの上に置き温度を下げるとよい。・・・等々。



                     《材料を混ぜて生地作り》  



         《材料を正確に計量(右)              男女とも和気あいあいと仲良く調理実習(右)》


 生徒たちはそれぞれのどら焼きを制作していました。



                     《どら焼きの皮を焼き始めました》


 生徒の数だけ多種多様などら焼きが作られました。



                  《色々な焼き具合のどら焼きの皮が出来上がりました》



             《粒あんを挟んで、美味しくいただきました。あと片付けも大切な作業です。》


 作った後の試食では、生徒たちは「美味しい!」「旨い!!」を連発していました。


 今度私も作ってみよっ!・・・と。

  (ホームページ担当 マエストロ関口)


2017-5-11
〜優秀な教師陣 〜


 県相は8月15日(火)相模原市民会館でサマーガイダンス(学校説明会)を行います。


 現在、そこで上映する学校説明会用ビデオを制作しています。
 その中には5教科の授業風景が入っています。


 昨年まではベテランの先生方の授業風景を流していました。
 ベテランの先生方の授業は、手慣れたもので、上手で安心して聞けます。


 しかし今年は、新人・若手の授業風景を流すことにしました。

                            《授業風景》


 新人・若手はどんな授業をするのだろうと想像していたら、想像以上の内容で、見て驚きました、と同時に感心しました。


 ある若手の英語の授業ではオールイングリッシュで、質問も答えも英語。
 生徒同士英語で討論したり教えあったりしています。


 新人の生物基礎では、理科の知識だけではなく、生物という科目って何なのだろうという疑問や、理科的考え方についてや発想の仕方についての話等、生徒たちは、ためになると同時に興味深い話に、耳を傾けていました。
 私も非常に勉強になりました。

                            《授業風景》


 またどの授業もアクティブラーニングを意識した授業づくりをしていて、生徒同士で話し合いをさせたり、教えあったり、質問しあったり。


※(アクティブラーニング<英語:active learning>とは、 従来の、教員を主体とした一方的な授業形式と異なり、学習者が主体性を持って能動的に思考する、参加型の学習を意味します。)



                 《アクティブラーニングを意識した授業づくり》


 そんな新人・若手の授業を見ていて、新人・若手は自由な発想で意欲的な授業を行っているな〜・・・県相には優秀な教師陣が揃っているな〜!と、手前味噌ですが、感じました。


 サマーガイダンス(学校説明会・於相模原市民会館)では、そのような授業風景を収めたビデオを上映しますので、是非見にいらしてください。

  (ホームページ担当 マエストロ関口)



2017-4-27
〜 応援練習 〜


 6月13日(火)は、相翼祭「体育部門」が実施予定です(すみませんが非公開です。保護者やその関係者のみ入場可です)。


 現在、その中で行われる「応援の華」の練習の真っ最中です。


 グラウンド、中庭、サッカーコートで練習が行われています。
 練習は昼休みに行われるので、生徒たちは昼休み前に急いで弁当を食べています。

                《左は中庭で、右はサッカーコートでの“応援の華”の練習風景》


 県相の生徒たちは、行事になると生き生きします。
 何しろ行事を楽しんでいるのがイイ、羨ましい。


 それから県相生は手先が器用で、美的センスがとてもあります。
 デコという体育祭の応援看板があるのですが、それが素晴らしい・・・のです。
 まさに「文武両道」!!!

                        《“応援の華”の練習風景》

  (ホームページ担当 マエストロ関口)


2017-4-26
〜 面談週間 〜


 4月17日(月)から4月28日(金)まで面談週間です。

                           《面談の様子》


 1年から3年までの各クラスの担任は、クラスの生徒一人一人と面談しています。


 例えば1年生の場合は「学校に慣れましたか、クラスはどうですか、何か悩みはありますか」「勉強につていの悩みはありますか」「友人関係はどうですか」「部活動は?」「平日の勉強時間は?」「スタディサポート(模擬試験)は?」「学校に対しての要望はありますか」・・・・・

       《面談する場所がなかなか見つからないので、“攻め机”のコーナーでの面談となりました》


 新3年生は「新しいクラスはどうですか」「どのような進路に進む予定ですか」「進路について何か悩みはありますか」「勉強で悩んでいることはありますか」・・・等を時間をかけて面談していきます。

                           《面談の様子》


 面談するにも教室は生徒が使っているので、面談する場所をみつけるのが大変です。


 夏休みには、保護者を交えて三者面談をします。


 保護者の方も来校するのは大変でしょうけど、たとえば「担任はどんな顔をしているのか・・・」等でもよいので是非来校して、担任の顔をまじまじと見て欲しいです。

                           《面談の様子》



  (ホームページ担当 マエストロ関口)